第5回 障がいのある人や寝たきりの人へのレクリエーション
レクリエーションプログラム④ (4/10)

空き缶転がし

片麻痺や視覚・聴覚障害がある人も一緒に楽しめる

目的・効能

・上肢の運動

・コントロール力向上

時間

15分

場所

フロア

人数

2~10人

隊形

1人席とグループ席に分かれる

準備する物

・長テーブル

・空き缶10本

・テーブルのゴールの位置に固定するかご(空き缶10本入るくらいの大きさ)

進行

①ラップ芯などでテーブルの両脇に壁をつくっておく。

②ゲームは個人戦で行う。

③1人10本,空き缶を転がす。

④長テーブルの先に取りつけたかごに,空き缶がいくつ入るかを競う。

尾渡さん

勢いが良すぎると,かごに入らず,床に落ちてしまいます。

テーブルの両脇にレーンがあるので,片麻痺の人や視覚障がいの人も参加でき,優勝をねらえます。